消費者金融でお金借りるための申込方法

消費者金融でお金借りるための申込方法

お金借りる

消費者金融からお金借りる時は、オンライン申込みと、店頭窓口での申し込み、ローン契約機での申し込みなど複数の方法から選ぶことができます。どの申込み方法でも審査がかならずあるので、きちんと審査に通過できるように申告内容にも正確性をもたせましょう。

 

WEBからの申し込みが便利

消費者金融への申し込みは平日日中ならばローン契約機やATMを利用するのも良いかもしれませんが、土日の夜や平日の夜中に申し込まないといけなくなった時には、WEBからの申し込みがスピーディーで便利です。

 

WEBからの申し込みであれば24時間365日申し込めるため、場所も時間も関係なく頼りにできます。パソコン、スマートフォン、iPhoneがあれば申し込みができるのでたいていは誰でも利用できるでしょう。ただし、サービスに関係する口座を開設しておく必要があったり、保証会社の保証を受けられる必要があったりするため、信用情報や収入によっては利用できないこともあります。

 

申し込みの利便性と審査に通過できた場合の即日借り入れの魅力があるので、WEB申し込みできるかたは是非利用してみてください。

 

店頭窓口からの申し込みもおすすめ

消費者金融からの借り入れが初めての場合は、なんでも質問に応じてくれるスタッフがいる店舗に行くのもおすすめです。お金借りるのに必要な書類や金利の計算、返済シミュレーションや返済の仕組みなどを分かりやすく理解できるため、安全に借り入れしたい方には店頭窓口の利用がおすすめです。

 

もちろん、人に顔を見られてしまうので、借金するのはバレやすいですが、借り入れのしやすさと手続きのしやすさで言えば他の申込方法に比べると断然魅力的です。申込方法の中では最も審査をする消費者金融の会社のスタッフに近い立ち位置の人に相談できるため、希望する借入額のアドバイスや審査の通過率などにも影響する可能性があるといわれています。

 

WEB申し込みに比べればきちんと対面で手続きできる人のほうが信頼度は高くなる上、スタッフのアドバイスがもらえるのはとても魅力的な方法です。

 

ローン契約機を利用する申込方法

銀行や大通り沿いにある無人機、ローン契約機を利用する申込方法も頼りにできます。基本的には24時間利用できる無人機は他の人が使っているとその間は入れないので待機時間ができる可能性はありますが、ローンカードの発行も早いのですぐに借り入れできます。

 

先にウェブ上で仮審査を通過させておけば、本審査だけを無人機やローン契約機で行うだけでよいので、即日融資を期待する方には特にぴったりです。

 

書類と免許証をパソコンやスマートフォンに取り込んでおく必要が無いので、コンビニのスキャナーや家庭でスキャンする必要がなく、手間も意外と少ないです。書類さえ用意できれば誰でも頼れる申込み方法なので、検討してみても良いでしょう。

 

電話を利用する申込方法

消費者金融に申し込む時は、WEB、店頭窓口、ローン契約機以外にも電話で申し込みを済ませる方法も便利です。

 

機械やパソコンの操作が苦手な方は、電話で仮申込みを済ませれば話をしながら申し込める上、借り入れ目的を口頭で伝えることもできます。WEB申し込みよりは電話のほうがタイピングやタップ操作の手間はないのでそれほど大変なことはありません。

 

ただし、話をするのが苦手な方や声を他人に聞かれるのが困る方はこの電話を利用した申込方法は選べないので、車の中や絶対に他人に声を聞かれない場所で活用しましょう。

 

電話はローン契約機の中にも備え付けられているので、手続きで分からないことが出てきたら、そのまま思い込みで手続きせずに質問したほうが審査に通過しやすくなるので、他の申込方法と同じく賢くお金借りるようにしましょう。

 

まとめ

消費者金融に申し込む方法には、WEB申し込み、店頭申し込み、ローン契約機での申し込みなどだいたい3種類の方法があります。

 

これらはどれも用意する書類や申告内容は変わらず、午前中早めに申し込みできれば即日融資してもらえる可能性もあります。

 

賢く申し込んで、効率的に消費者金融のサービスを頼りましょう。

《消費者金融でお金借りる手順》関連記事

お金借りる

消費者金融からお金借りる時は、オンライン申込みと、店頭窓口での申し込み、ローン契約機での申し込みなど複数の方法から選ぶことができます。どの申込み方法でも審査がかならずあるので、きちんと審査に通過できる...

お金借りる

消費者金融でお金借りるには年齢と収入、一定の信用があることが必要条件になります。最低限収入がないとお金を借りることはできないので、借り入れたい金額が大きい方は収入証明書や納税証明書もきちんと用意しまし...

お金借りる

お金借りる時は、必ず個人を証明する書類や住民票などが必要になることが多いです。借入希望額が50万円以上になるような場合は収入証明書などがないと審査に通らないことも多いので、納税証明書、収入証明書も用意...