消費者金融でお金借りる手順

消費者金融でお金借りる手順

お金借りる

消費者金融でお金を借りるには、まずはインターネットなどから仮審査の申し込みをするのがベストです。その後はローン契約機などで本審査を受けて合格すれば借り入れできるようになりますが、オンラインWEB完結型のサービスであれば、完全にオンラインで借り入れできます。

 

申し込みはウェブから済ませよう

消費者金融から即日お金借りるためには、早めの準備と申し込みが必要です。

 

特に、お金借りる予定の当日の午前9時前には申し込みを済ませておく必要があり、前日の夜には申し込みをWEB上から完了させて仮審査まで終わっていると魅力的です。次の日の営業開始とともにすぐに本審査が始まってスピーディーに借り入れができるようになるので、ウェブ申し込みが即日融資に最も便利です。

 

申し込みページから運転免許証のスキャンデータや収入証明書などを事前に用意して、消費者金融の会社にデータで送れるようにしておけば、それ以上の手続きがなくても借り入れできます。

 

印鑑すら必要なく契約できる場合もありますが、後日書類が郵送されてきたり、時間のある時にローン契約機やATMで手続きすることになるサービスもあるため、完全に全てがカードレスでWEBから申し込みできるわけではなく、最初の借入時のスピードとウェブ申し込みの利便性が高いということを理解して利用すると良いでしょう。

 

消費者金融の審査は2回ある

消費者金融や銀行でお金借りる時は、基本的に仮審査と本審査という審査が2回あります。申し込みを済ませてから借り入れができそうかどうかを確かめるのが仮審査ですが、この仮審査の段階では借り入れできるかどうかは判断できません。

 

営業時間内に信用情報や厳正な判断を経て、ようやく本審査に通過できます。消費者金融の場合は総量規制の対象になるため、既に借り入れがある場合は、その総量規制の範囲内で借り入れができるのかどうか、他社の借り入れとその返済状況、収入と借り入れの状況などをトータルでバランスよく判断され、お金を貸してもきちんと返済できる人かどうか審査されます。

 

この本審査に通過できればひとまずお金借りる事ができますが、その時の借入限度額が希望の借入限度額になっているかどうかは別です。

 

消費者金融が判断した貸しても問題なさそうな限度額しか設定されないので、50万円借り入れたくても実際には20万円しか借り入れできないという場合もありえます。こうした審査があることを前提に申込書類や申告内容は虚偽やミスのないようにしましょう。

 

本審査通過後に借り入れ本番

審査に通過すると、申込時に申告した希望利用限度額、または、借り入れしたい金額が借りれるようになります。

 

口座に振込される場合は、審査通過後に契約が完了すればすぐにでも支払いが完了し、お金借りることができます。直接指定の口座に入金されるため、リアルタイムでネットバンキングなどで確認することができます。

 

WEB完結型の申し込みだった場合はローンカードの受取があとになったり、カードレスでの借り入れとなりますが、ローン契約機や店頭に訪れる必要がある場合は、審査通過の連絡が来たらATMなどに行ってローンカードを受け取り、そこから借り入れをすることになります。

 

借入限度額が通知されるタイプの借入の場合は、くれぐれも借り過ぎには注意して返済しきれる金額だけ借りるようにしましょう。

 

借り入れ後の注意点と返済

お金を借りてから資金に余裕ができたらすぐにでも返済を始められます。返済までの期間に特に指定はないのが一般的ですが、約定返済日に返済していけば基本的に遅延損害金の発生や催促の連絡が来るようなこともなく、信用情報に傷がつくこともありません。

 

借り入れたあとは、すぐにでも返済のことを考えて、早めに完済できるようにするのが良いでしょう。お金借りるとしばらくは安心してしまって返済するのを忘れてしまうことがありますが、お金借りる手順にはお金を返すところまでが1セットなので、返済抜きでお金借りるとは思わないようにしましょう。

 

まとめ

消費者金融でお金借りる手順はどこの会社から借りる場合でもだいたい同じです。

 

WEB申し込みをする場合と、店頭で申し込む場合、ローン契約機を頼る場合で多少手間が変わってきますが、必要書類や申告する内容は変わらないため、事前に準備してスピーディーに即日融資してもらえるように工夫しましょう。

《消費者金融でお金借りる手順》関連記事

お金借りる

消費者金融からお金借りる時は、オンライン申込みと、店頭窓口での申し込み、ローン契約機での申し込みなど複数の方法から選ぶことができます。どの申込み方法でも審査がかならずあるので、きちんと審査に通過できるように申告内容にも正確性をもたせましょう。WEBからの申し込みが便利消費者金融への申し込みは平日日中ならばローン契約機やATMを利用するのも良いかもしれませんが、土日の夜や平日の夜中に申し込まないとい...

お金借りる

消費者金融でお金借りるには年齢と収入、一定の信用があることが必要条件になります。最低限収入がないとお金を借りることはできないので、借り入れたい金額が大きい方は収入証明書や納税証明書もきちんと用意しましょう。成人している必要がある消費者金融、銀行からお金借りるには、最低限20歳以上の年令に達している条件があります。20歳以上で、かつ、安定した収入があることが必要条件で、運転免許証や個人を証明する書類...

お金借りる

お金借りる時は、必ず個人を証明する書類や住民票などが必要になることが多いです。借入希望額が50万円以上になるような場合は収入証明書などがないと審査に通らないことも多いので、納税証明書、収入証明書も用意するようにしましょう。本人確認書類が必ず必要どんな消費者金融でも、お金借りるには本人確認書類が必要で、たいていは運転免許証、パスポートがその代わりになります。これらの書類がない場合は、氏名、住所、生年...