消費者金融でお金借りる方法

消費者金融でお金借りる方法

消費者金融でお金借りる方法

消費者金融を利用するには年齢や信用情報など一定の条件が必要ですが、収入についても一定レベルの収入がないと借り入れ審査に合格できません。
お金借りるには、まず自身の収入を証明できるものがあったほうが確実です。

 

消費者金融独特の仕組みとは?

一般的にお金借りるためには、一定の信用と返済ができるだけの収入がないといけませんが、消費者金融はアルバイターやフリーター、時にはパートで働いている主婦にでもお金を貸してくれます。

 

借り入れできる金額は10万円から30万円とかなり少額な金額にしかなりませんが、毎月の最低返済額も3000円から10000円と比較的負担は少なく、気軽に返済ができるのも消費者金融の魅力です。

 

十分な収入がなくても毎年一定の収入さえあれば、総量規制という年収の3分の1の金額までお金を借り入れできるという制度のおかげで少額ながらもお金借りることができます。

 

もちろん審査に通過しないと借り入れはできないため、100%借り入れできるわけではないですが、全くお金借りる可能性がないわけでもありません。

 

使いみちは基本的に自由

消費者金融でお金借りる場合は、基本的にその借り入れたお金の使いみちに制限はありません。ギャンブルや投資目的に使用することは禁止されていますが、旅行や生活費、学費や雑貨の購入、食費にすることさえできます。

 

治療費や通院費にもできるため、返済することができるならば、例外であるギャンブルや投資への利用を除き、たいていは使いみちに関係なく借りたお金を使うことができます。

 

もちろん、借り過ぎと使い過ぎには注意が必要で、返済能力を超えて借り入れてしまうと返済のために何年間も金利を支払いながら借りたお金を返していくことになるので、負担のほうが大きくなってしまいます。

 

安全に消費者金融を利用するには

消費者金融で賢く安全にお金借りるには、最低限収入と金利の計算をしておく必要があります。

 

例えば、50万円を借り入れて、毎月1万円ずつ返済する場合、毎月、元金は5000円ほど支払い、残り半分は金利の支払いをすることになります。これは、単純に元金10万円を支払うのに20カ月必要になるという計算です。毎月1万円ずつ、20カ月支払い続けても20万円返済したことにはならず、10万円しか返済したことにはならないのです。

 

こうした消費者金融や銀行カードローンの返済と金利の仕組みをよく理解して、早めに元金の返済ができるように心がけましょう。毎月の負担が少ないからといってむやみに返済期間を引き伸ばせば、金利として銀行に支払っていくお金がどんどん増えてしまって無駄になってしまいます。

 

消費者金融もWEB完結申し込みがおすすめ

消費者金融からはWEB完結型の申し込みサービスが提供されています。このWEB完結型サービスを利用すると、申し込み、審査、借り入れ、さらには返済まで、インターネット上でできてしまいます。

 

従来はお金借りる前に会社への電話による在籍確認や、ローンカードの到着確認が必要でしたが、今ではそうした手続きなしにお金を借りられるようになっています。もちろん、必要な手続きと申し込み、必須書類をきちんと用意できて、審査に通過して初めて利用できるものですが、会社への在籍確認なしでお金借りることができるのは、非常に魅力的です。

 

どんな消費者金融を利用する場合でも、まずはWEBからの申し込みをするのが一番です。

 

まとめ

消費者金融からお金借りるには、まずはWEB申し込みをするのがよいでしょう。店頭窓口やATM、ローン契約機からの申し込みも可能ですが、会社への在籍確認や他人にバレてしまう可能性を考えればWEB完結型の申し込みサービスを活用した方がスムーズに借り入れができます。

 

事前にWEB申し込みに必要な書類や証明書を用意し、自身の年収と借り入れできそうな金額も総量規制の制度から予測しておきましょう。

お金借りるランキング

《消費者金融でお金借りる方法》関連情報